花粉症・インフルエンザ - 日刊実話_高圧洗浄埼玉県!

知らないと本当に怖い!花粉症の薬(副作用)とは

kahun6.png

安易に花粉症の薬を服用すると、大変危険な副作用をもたらすことがあります。

花粉症のほとんどの薬は、自分では飲みたくないと言う医者が多いらしいです。

その理由は、効果が期待できないものが多いのと、深刻な副作用をもたらす
可能性があるからだそうです。

花粉症に処方される薬剤のうち、特にアレルギー性鼻炎用薬は、抗ヒスタミン剤、

クロモグリク酸、ステロイド剤、その他の抗アレルギー剤、血管収縮剤の

5つに大別できます。

以下詳細ですので、花粉症の方は参考にして下さいね。


1.抗ヒスタミン剤

鼻水を抑えるには即効性があり、強力な作用があります。

しかし、その一方、服用すると眠気を生じさせ、口が渇く、排尿が困難に
なるなどの副作用があります。

子どもが服用すると、けいれんを起こす危険があります。


最近は、眠気が出にくいタイプもありますが、重い不整脈の報告事例がある
ほか、

薬禍(やっか)は眠気を伴うタイプの10倍以上あるので、要注意です。


2.クロモグリク酸(インタール)

効果は弱めなので花粉症状がひどい人には向いていませんが、副作用の心配も
あまりありません。


3.ステロイド剤

効果は強力ですが、長期間使い続けると感染症や依存症、副腎機能の抑制、胃潰瘍、
十二指腸潰瘍などの危険が高まるそうです。

花粉症は、数ヶ月続けて服用する場合が多いので、使わないほうがいいと言えます。

また、ステロイド剤と抗ヒスタミン剤を混合したセレスタミンを処方する医師が
時々いますが、セレスタミンの長期服用は避けましょう。


4.その他の抗アレルギー剤

非抗ヒスタミン剤、非ステロイド剤等がありますが、感染症や依存症になりやすく、

効果よりも危険のほうが大きいとして、欧米ではアレルギー性鼻炎への処方は禁止されています。


5.血管収縮剤

点鼻薬として処方されることが多いですが、内服薬の場合はとても危険です。

鼻に限らず、全身の血管が収縮する可能性があり、高血圧や脳出血の可能性が指摘されています。

漢方製剤の小青竜湯(ショウセイリュウトウ)も同様の危険があります。

花粉症は、非常につらいですがマスクやメガネ等を着用して極力花粉を吸い込まないようにしましょうね!

花粉薬を常用している人も多いと思いますが、あらゆる薬には上記のような危険な
副作用があります。

この機会に安全なサプリを試してみませんか?


花粉の症状を抑えるじゃばらをたっぷり配合したサプリメントです。
そして、さらに乳酸菌を加えて、Wパワーでくしゃみも!!

kahun6.png

花粉症のつらいくしゃみ、痒み等をじゃばらの力によって緩和させるとともに、
乳酸菌を取り入れる事で腸内環境を整え免疫力を向上させて、

kahun3.png

アレルギーにもに負けない丈夫な身体を(^^♪

くしゃみとおじゃらばの公式サイトへ


こだわりの成分は

じゃばら

kahun4.png

柚子やすだちと同じ柑橘類で、温州みかんとおなじ大きさでじゃばらという名前は、
邪気をはらう」から名付けられたと言われています。

果皮や果汁には「ナリルチン」というフラボノイドが含まれ、主に柑橘類に含まれる成分ですが、他の柑橘類にくらべ圧倒的に多く含まれています(いよかんの4〜5倍くらい

kahun8.png

ナリルチンは、ヒスタミンなどの炎症物質の放出を強力に抑える働きがあるとされています。
じゃばらの果皮にはなりチリンが果汁の13倍も含まれていますが、果皮を食べるのはみかんの皮と同じく、難しいですが、手頃に果皮を摂取するにはサプリメントがオススメです!

kahun0.png

乳酸菌(EC-12)
体内に侵入してきた細菌やウイルス、花粉、埃などの異物を排除し身体を守る 免疫力を向上させる
1日1000億個

kahun7.png

甜茶エキス
甜茶エキスに含まれるGODポリフェノールは、花粉症やアレルギー性鼻炎などの原因となる過剰な
ヒスタミンの分泌や炎症に関係するシクロオキシゲナーゼを抑制に期待があります。

kahun9.png

緑茶
緑茶に含まれるカテキンが、抗アレルギー作用があり、ヒスタミンの発生を抑制し、
皮膚や粘膜を保護。

kahun1.png

シソエキス
シソに含まれるポリフェノールが、ヒスタミンを抑制し、アレルギーを緩和。

kahun2.png

kahun3.png

くしゃみとおじゃらばの公式サイトへ

くしゃみやムズムズが気になる季節に【くしゃみとおじゃらば】

ojiabara1.png

花粉の症状を抑えるじゃばらをたっぷり配合したサプリメント
さらに乳酸菌を加えて、Wパワーでくしゃみとおじゃらばする

花粉症のつらいくしゃみ、痒み等をじゃばらの力によって緩和させる
とともに、乳酸菌を取り入れる事で腸内環境を整え免疫力を向上させ、
アレルギーにもに負けない丈夫な身体を作る

こだわりの成分

じゃばら・・・柚子やすだちと同じ柑橘類で、温州みかんとおなじ大きさ
じゃばらという名前は「邪気をはらう」から名付けられ他と言われている。

果皮や果汁には「ナリルチン」というフラボノイドが含まれ、
主に柑橘類に含まれる成分だが、他の柑橘類にくらべ圧倒的に多く含まれている
(いよかんの4〜5倍くらい)

ojiabara5.png

ナリルチンはヒスタミンなどの炎症物質の放出を強力に抑える働きがあるとされている

じゃばらの果皮にはなりチリンが果汁の13倍も含まれているが、果皮を
食べるのはみかんの皮と同じく、難しい・・・
お手軽に果皮を摂取するには、サプリメントがオススメ♪

乳酸菌(EC-12)・・・体内に侵入してきた細菌やウイルス、花粉、
埃などの異物を排除し身体を守る 免疫力を向上させる1日1000億個"


甜茶エキス・・・甜茶エキスに含まれるGODポリフェノールは花粉症や
アレルギー性鼻炎などの原因となる過剰なヒスタミンの分泌や炎症に
関係するシクロオキシゲナーゼを抑制する


緑茶・・・緑茶に含まれるカテキンが、抗アレルギー作用があり、ヒスタミンの
発生を抑制し、皮膚や粘膜を保護する。

シソエキス・・・シソに含まれるポリフェノールが、ヒスタミンを抑制し、
アレルギーを緩和する。


こだわりの素材
薬と違い、副作用がない、花粉に効果をもたらすだけでなく、乳酸菌により
整腸作用、免疫力の向上が期待(^^♪

ojiabara2.png


くしゃみとおじゃばらの公式サイトへ

風邪とそっくり? 秋も注意すべき「花粉症」の症状チェック5項目

【男性からのご相談】

最近目と鼻がむずかゆい感じがします。まるで花粉症のときみたいなのですが、この時期にもそのような症状が起こるものでしょうか?

●A. 秋にも花粉は飛んでいるので、春の花粉症と同じような症状は起こります。

ご相談ありがとうございます。理学療法士のOHSAWAです。

春の花粉症はテレビやニュースでも取り上げられ、症状が出ない人でもよく知っていますよね。しかし春に比べて少ないですが、秋にも花粉は飛んでいます。

今回は秋の花粉症についてご説明していきますね。

●花粉はほぼ一年中飛散しています

春の花粉の代表的のものは皆さんご存知のスギ花粉ですよね。このスギ花粉が一番アレルギー反応を起こすため、スギ花粉が飛散し終われば花粉症の季節は終わったと思われる方は多いのではないでしょうか。

アレルギー反応を引き起こす花粉はスギ以外にもほぼ一年中飛んでいますが、スギよりはそれぞれ飛散量も少なく、またその花粉に反応してアレルギー反応を起こす程度が低いため、あまり注目はされていません。

どの花粉に反応するかは人それぞれで、春に飛散するスギにはあまり反応はしなくても、それ以降に登場する花粉に悩まされている方もいます。

また、自覚がなくても軽い風邪と似たような症状であるため、気づかず過ごされる方も多いようですね。特に夏から秋にかけては、

イネ、ブタクサ、ヨモギ、カナムグラなどが飛散しているため、この季節にも花粉症の症状は起こります。

●花粉で起こりうる症状

夏から秋にかけては気温も少しずつ下がっていき、季節の変わり目であることや、夏の疲れが残っているというような理由で、

体に出る症状はほとんどが“風邪”だと思いがちです。しかし、なかには花粉による症状があるかもしれませんので、チェックしてみてください。

●花粉症状チェック5項目

●(1)目の症状

目のかゆみ、異物感、涙目、眼痛などの症状があります。秋の花粉ではブタクサに反応することが多いようです。

●(2)口の症状

口の中の乾燥、味覚障害が生じる場合があります。ある特定の食べ物を食べると口腔粘膜や口唇にかゆみや腫れが出現する、口腔アレルギー症候群も特に花粉に関連が深いです。

秋の花粉ではイネ科の花粉症ではトマト・メロン・みかんなど、ブタクサ・ヨモギ花粉症ではメロ・バナナ・セロリなどの食べ物が原因であることが比較的多くあります。

●(3)喉の症状

喉はかゆみを感じたりや異常感の頻度が高くあります。喉の痛みや軽度の咳などは風邪症状と考えがちですが、花粉によるものもあるため、注意してみてください。

●(4)気管支症状

アレルギー性鼻炎の方の20%前後に気管支ぜんそくの合併が見られます。実際に花粉そのものを原因とするぜんそくは非常に少ないとされていますが、近年アレルギー性鼻炎の治療がぜんそくの改善に作用することが多くあります。

また、アレルギー性鼻炎であることは、将来ぜんそく発作の危険因子であり、アレルギー性鼻炎の治療を続けておくことが、ぜんそくの予防にもなると推奨されています。

●(5)その他

全身倦怠感、頭重感、腹痛、皮膚のかゆみなども花粉により生じることもあります。

●対処法

春に比べて花粉の飛散は少ないため、細心の注意を払うのは難しいとは思いますが、基本は“外で花粉を直接浴びない”、

“それを家に持ち込まない”、“小まめに掃除をする”ことです。花粉の対処法については、以前のコラムでもご紹介していますので、よろしければご参照ください。

また、風邪症状と似ていることが多いため、一度病院で検査を受けて、自分が秋の花粉にも反応があるのかどうか調べてみても良いかもしれませんね。

【参考文献】
・『アレルギー疾患ガイド』アレルギー疾患ガイド編集委員会・編

●ライター/OHSAWA(理学療法士)

ネタりかより引用



【1Dayミラクルダイエット】

玉川岩盤浴スーパーマット

Atomix(アトミックス)

チャートマスターアカデミー


るるぶ


























脱毛器


ボニック










花粉症薬、危険で医師も飲まない?脳出血、不整脈、内臓機能抑制、感染症の恐れ


花粉症患者数は増加の一途をたどり、スギ花粉症だけで1500万人
以上、日本の花粉症総人口は2000万人以上、5人に1人は花粉症と
もいわれ、今後も増加することが予想されています。


実はこの花粉症、古代エジプトの文献にも登場するため、まったく
新しい病気というわけではありませんが、日本においては、1961年
にブタクサ花粉症、64年にスギ花粉症、ついでイネ科の花粉症など
の報告がされ、その後はスギを中心に猛烈な勢いで花粉症患者が
増え続けています。


花粉症は、花粉によって引き起こされるアレルギー疾患で、くしゃみ
、鼻水、鼻づまり等のアレルギー性鼻炎や目のかゆみ、流涙などのア
レルギー性結膜炎が最も多く見られます。


また、まれに喘息やアトピー の症状を併発することがあります。
花粉症は日常生活に与える影響などによる社会的損失も大きい疾患です。


花粉症に関連する費用も膨大な額に上ることが推測され、患者にかかる
年間医療費は約2860億円、仕事がはかどらないなどの労働損失は年間約
650億円と試算されています。


花粉症に一度罹患すると、自然治癒はほとんど望めません。体質を改善
して症状を和らげるか、花粉のない地域に引っ越す、または薬を服用し
つつ花粉症と付き合っていくしかないでしょう。鼻の粘膜を焼いて、鼻
水や鼻づまりの症状を出なくする手術が広まっていますが、効果は半年
〜2年ほどで切れてしまうため、根本的な解決になりません。


最近は、減感作療法という根治を目指す治療も登場し、花粉症治療に明
るい兆しが見えてきましたが、治療が終わるまでに数年かかるなど、気
軽にできる治療法とはなっていません。


このように見てくると、花粉症患者は当面の間、花粉とうまく付き合っ
ていく方法を模索しなければならないようです。


数多くの花粉症患者は、薬を常用して花粉飛散のシーズンを乗り切って
いることと思いますが、実は安易に花粉症薬を服用すると、大変危険な
副作用をもたらすことがあります。


複数の医師に花粉症薬について意見を聞いたところ、ほとんどの薬は、
自分では飲みたくないものだと口をそろえます。しかし、薬について
「効果が期待できない」「副作用の可能性が高いからやめたほうがい
い」といったアドバイスをしても、


「先生は冷たい」「やぶ医者だ」などと長々と文句を言われたり、
「自分で薬については調べるから」と言って自ら薬剤を指定する人も
いるので、それに合わせて処方することもあるといいます。


花粉症薬を飲みたくない理由は、効果が薄いものが多いばかりか、
深刻な副作用をもたらす可能性があるからです。いくつかの種類を
試せば、自分の体質に合う薬が見つかる可能性があり、その場合に
は効果的に症状を抑えられるので、花粉症薬をまったく否定するわ
けではありませんが、なるべくなら飲みたくないというのが
医師たちの本音のようです。


花粉症に処方される薬剤のうち、特にアレルギー性鼻炎用薬は、
抗ヒスタミン剤、クロモグリク酸、ステロイド剤、その他の抗アレ
ルギー剤、血管収縮剤の5つに大別できます。


抗ヒスタミン剤は、鼻水を抑えるには即効性があり、強力な作用があ
ります。しかし、その一方、服用すると眠気を生じさせ、口が渇く、
排尿が困難になるなどの副作用があります。


子どもが服用すると、けいれんを起こす危険があります。最近は、
眠気が出にくいタイプもありますが、思い不整脈の報告事例がある
ほか、薬価は眠気を伴うタイプの10倍以上するので、
あまりオススメできません。


クロモグリク酸(インタール)は、効果が弱めなので症状がひどい
人には向きませんが、副作用の心配もあまりありません。


ステロイド剤は、効果は強力ですが、長期間使い続けると感染症や
依存症、副腎機能の抑制、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの危険が高ま
ります。


花粉症は、数カ月におよんで服用する場合が多いので、使わないほ
うがいいといえます。内服のステロイド剤はあまり処方されません
が、ステロイド剤と抗ヒスタミン剤を混合したセレスタミンを処方
する医師が時々います。


おそらく単に抗ヒスタミン剤だと考えているのだと思いますが、
セレスタミンの長期服用は避けましょう。


その他の抗アレルギー剤としては、非抗ヒスタミン剤、非ステロイド
剤などがありますが、感染症や依存症になりやすく、効果よりも危険
のほうが大きいとして、欧米ではアレルギー性鼻炎への処方は禁止
されています。


最後に、血管収縮剤は点鼻薬として処方されることが多いですが、
内服薬の場合はとても危険です。


鼻に限らず、全身の血管が収縮する可能性があり、高血圧や脳出血の
可能性が指摘されています。漢方製剤の小青竜湯も同様の危険が
あります。


花粉症は、症状が出ている間は非情につらいですが、マスクなどを
着用して極力花粉を吸い込まないようにし、どうしても症状を抑え
なければならない時に薬を使用するのをオススメします。


花粉が飛び始める前から、ゴールデンウィーク頃まで薬を常用して
いる人も多いと思いますが、あらゆる薬には副作用がありますので、
自分の体質と薬の効果・副作用を十分に検討して上手に薬と付き
合ってください。
(文=ピカケ/薬剤師)


「ビジネスジャーナル」より引用


花粉症の人必見!?花粉症を抑えるテクニック4選!!


もうすぐ花粉の季節。花粉症にお困りの方は多いことでしょう。
涙が出たり、鼻水が止まらなくなったり、目が充血したり、
くしゃみが出たりと花粉症には本当に悩まされます。


そこで、すぐに使える花粉症対策を紹介します。
どれも簡単にできるので、ぜひ試してみてください。


・鎖骨マッサージ
血流が悪いと、白血球が正常の動きをせずに、自分を攻撃すること
で花粉症などの免疫疾患がおこるそうです。


鎖骨周辺のリンパをマッサージすることで、血流を促し、
辛い花粉症を和らげます。


やり方
1.鎖骨の下のくぼみ辺(痛いところ)を探す
2.耳たぶあたりから鎖骨に向かってさする


他にも、爪で鎖骨周辺をトントンと叩いたりすることでも血流を
促すことができます。身体に負担をかけない強さでマッサージを
行いましょう。


・ヨーグルトを食べる
免疫バランスを整えるには、ヨーグルトも力を発揮します。
腸内環境を整えると、免疫のバランスが改善され、花粉症対策にも
効果があるようです。


ヨーグルトなどの乳製品には「ビフィズス菌」が含まれていて、
とくに「BB536」と呼ばれる種類のビフィズス菌が症状が改善する
可能性があります。


・生活習慣を改善する
疲れやストレス、睡眠不足、運動不足は花粉症の原因になるだけで
はなく、他の病の原因になることもあります。疲れていたり、スト
レスを発散していなかったりすると、心や身体を壊してしまう
可能性が十分にあります。


暴飲、暴食を控え、生活習慣を改善することで、花粉症対策の大きな
効果が期待できるでしょう。


・お茶を飲む
お茶には、カテキンやポリフェノールが多く含まれていて、これらを
続けて摂取することで花粉症対策になると言われています。


カテキンには、血圧や血中コレステロールを調整する機能や対ウィル
ス作用があり、アレルギーにも効果的です。とくに、甜茶、べにふう
き茶、ルイボスティー、シジュウム茶、ハトムギ茶などは
オススメです。


お茶を飲むタイミングは、花粉が飛ぶ1ヶ月以上前からの方が
症状抑制の効果を発揮するそうです。


「トレンドナイス」より引用