オール電化太陽光発電 - 日刊実話_高圧洗浄埼玉県!

太陽光発電量 . 10年で23倍…買い取り制度後、急増

千葉大など調査

1.png

再生可能エネルギーごとの電力発電量

 固定価格買い取り制度導入などを背景に、太陽光による発電量が最近10年で23.3倍になったと、千葉大などのチームが発表した。


521万世帯の年間使用量に相当する。一方、比較的大規模な開発を要する風力は2.2倍、バイオマスは3.5倍にとどまるなど、地球温暖化防止に向け、太陽光以外の普及拡大が課題となっている。


 千葉大とNPO法人環境エネルギー政策研究所(東京都)は2005年度から毎年度、太陽光など全国で導入されている再生可能エネルギーの発電量を3月末時点で推計。


太陽光は05年度の123万メガワット時から、14年度で2869万メガワット時に増えた。固定価格買い取り制度が導入された12年度以降の増加分が8割を占める。


風力は225万メガワット時から505万メガワット時に、バイオマスは56万メガワット時から196万メガワット時への増加にとどまった。


 千葉大の倉阪秀史(ひでふみ)教授は「50年までに温室効果ガスの排出量を80%削減する国内目標を達成するには、再生エネの大量導入が欠かせない。


国は太陽光以外も増やす仕組み作りを進めるべきだ。太陽光も買い取り価格は毎年引き下げられており、伸び率が鈍化する恐れがある」と指摘する。【渡辺諒】


◇固定価格買い取り制度◇

 太陽光や風力など再生可能エネルギーで作った電力を最長20年間、電力会社が決まった価格で買い取る制度。


価格は種類ごとに異なり、普及状況などを考慮して経済産業相が毎年見直す。企業向けの太陽光の場合、制度発足の2012年7月に1キロワット時40円だったが、普及が進み16年度は24円に下がった。

毎日新聞より引用


太陽光発電 メリット・デメリット 事業用写真



再生可能エネルギー:15年度買い取り案、太陽光3年連続下げ 事業用27円に


再生可能エネルギーの買い取りを電力大手に義務づける固定価格買い
取り制度を巡り、経済産業省の有識者委員会(委員長・植田和弘京大
教授)は24日、2015年度の買い取り価格案をまとめた。


事業用太陽光(発電能力10キロワット以上)は今年度の32円を
7月から27円に引き下げる。住宅用太陽光(10キロワット未満)
も4月から2〜4円安くする。


いずれも3年連続の引き下げ。普及の遅れている風力、中小水力、
地熱は据え置き、買い取り対象の再生エネが太陽光に集中してい
る現状の是正を図る。国民からの意見公募を経た上で、3月中に
正式決定する。


事業用太陽光については、コストが下がっているとして、まず4月
に29円に引き下げる。再生エネ普及のため事業用の買い取り価格
を高めに設定する期間が6月に終わるため、7月に再値下げする。


過去最大の下げ幅で、買い取り価格は当初の40円から約3割下
がる。太陽光の拡大ペースが鈍る可能性がある。


住宅用太陽光も、発電パネルの値下がりを踏まえ、東京、中部、
関西の大手電力3社の営業地域で33円に引き下げる。


3社以外の地域は4月以降、新規買い取りの申請者に、電力会
社の指示に応じて発電量を抑える機器の設置が義務づけられる
ため、その分のコストを上乗せして、35円とした。


太陽光以外の買い取り価格は据え置く。ただし、間伐材を燃や
して発電する木質バイオマスは、発電能力2000キロワット
未満の枠を新設し、従来の32円より高い40円で買い取る。


木質バイオマスの買い取り価格は5000キロワット規模を想
定して計算していたが、木材を集める地域が半径50キロに及
び、全国的な普及が難しいため、小規模な発電設備の導入を
促すことにした。


再生エネをめぐっては、太陽光への参入が集中し、送電網の能
力を超えるなどとして大手電力による受け入れ停止の動きが相
次いだ。【中井正裕】

==============

◇太陽光発電の買い取り価格の見直し案

事業用(出力10キロワット以上)

14年度   15年度

4月〜            7月〜

32円    29円     27円


住宅用(出力10キロワット未満)

37円    33円(A)  

       35円(B)

※価格は1キロワット時当たり。住宅用のうち、(A)は東京、
中部、関西電力管内、(B)はその他の電力会社管内


「毎日新聞」より引用


驚きの小ささ!持ち歩けるソーラー充電パネルがカッコイイ!


いつでもどこでもソーラー充電!


スマホはもちろん、PCやカメラなどあらゆるポータブルデバイスは
全てバッテリーという制約に縛られています。


しかし、そんな悩みから一気に解放される、
新たな商品が登場するかも?

m1.jpg

WAACSが提案するコンセプトモデル
「Rollable Solar Charger」は、巻物みたいな円筒状の
デバイスの中に、ソーラーパネルが収納されていて、いつでも
どこでもモバイル機器の充電が可能という優れもの!

m0.jpg

本体はリサイクル可能なアルミで作られており、軽量で丈夫。
しかもポケットにも楽々入ってしまう快適サイズ。
そこに太陽がある限り、充電が切れる不安はなくなる
というわけです。

m2.jpg

いまだコンセプトモデルの段階ですが、あらゆる場面での活躍が
見込めそう!商品化が待ち通しい!

m3.jpg


「TABI LABO」より引用


アップル 太陽光発電所に巨額出資


アメリカのIT企業、アップルは、カリフォルニア州に建設される大規模
な太陽光発電所におよそ1000億円を出資し、新しい本社などで使用す
る電力の供給を受けることになりました。


これは10日、アメリカの太陽光発電大手、ファーストソーラーが明らか
にしたものです。それによりますと、アップルは、ファーストソーラーが
カリフォルニア州に建設する大規模な太陽光発電所に8億4800万ドル
(およそ1000億円)を出資するということです。


この太陽光発電所の出力は280メガワットで、このうち130メガワッ
ト分が25年間にわたってアップルに供給されるということで、アップル
は同じカリフォルニア州で建設を進めている新しい本社などで使用する
電力を賄うものとみられます。


発電所の建設はことし半ばに始まり、来年末までに完成する計画です。
アップルは、今月初めにも西部アリゾナ州に建設するデータセンター
の稼働に必要な電力をすべて再生可能エネルギーで賄うと発表する
など、地球温暖化の防止に取り組む姿勢を積極的にアピール
しています。


「NHKニュース」より引用