がんの障害年金とは - 日刊実話_側溝どぶ・排水管つまり埼玉県!




【TBCヒゲ脱毛】が初回限定1000円★TBCならエステティック初めての男性も安心

開運の護符・霊符販売【開運】商品の決定版:手書き護符

がんの障害年金とは

がんの障害年金とは



➡癌の障害年金と冷え症緩和と免疫向上の詳細へ

癌患者が障害年金をもらえることを、ほとんどの方は知りません。
障害年金は、癌で重病になり、老齢年金をもらえない見込みのある患者が、

前払いとして、年金を受給できるという制度と言えます。
進行癌の患者は皆、受給する権利をもっています。



癌の障害年金とは

@申請は、癌の発症から一年半経過していなければならない。


A癌の再発・転移者であり、根治が困難な状態であること。
もし、受給者が根治した場合は、支給は取り消されます。


B厚生年金に加入している人は、障害認定3級から支給されますが、
国民年金加入者は、2級から。


C厚生年金加入者は、日本年金機構で審査されるために、
認定までに半年位かかりますが、国民年金加入者は、
年金事務所で審査されますので、申請から3ヶ月後位から支給されます。


D老齢年金を一度でも受けていた場合は、受給は難しいです。


E障害年金は、身体障害者の年金とは違い、認定医でないと
診断書が書けないということはありませんし、障害者手帳も給付されません。


Fこの障害年金は、遺族が申請することも出来きますが。
亡くなってから5年以内です。


医師も、障害年金の診断書を書いたことがない人が多いので、
身体障害の診断書と勘違いしていて、「書けません」という医師が多いそうです。
障害年金の診断書は医師なら誰でも書けますので、お願いしてみましょう。

NPO法人障害年金支援ネットワーク
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー