低体温と免疫力の関係 - 日刊実話_側溝どぶ・排水管つまり埼玉県!







ニオイ対策ボディーソープ アジカ

開運の護符・霊符販売【開運】商品の決定版:手書き護符

低体温と免疫力の関係



低体温と免疫力の関係

身体を芯から温める
玉川岩盤浴スーパーマットとは
http://ganbanyoku.ohuda.com

身体の体温が1度下がると、免疫力は30%低くなります。
その逆に、体温が上がると血行がよくなり、免疫力が向上します。

私たちの身体には約60兆個もの細胞がありますが、 血液はその細胞に絶え間なく栄養と酸素を送り届け、また老廃物をつれて帰る働きもしています。

そしてさらに、その血液の中には免疫機能を持った白血球があり、身体の中をめぐって、異物を監視しているのです。

つまり、体温が下がると血行(血流)が悪くなり、免疫力も下がり、体内の異物を発見しても、白血球が集まりにくくなりウイルスや細菌に負けて、発病しやすくなってしまいます。

この白血球という免疫細胞は、ウイルスや細菌だけでなく、ガン細胞も常に発見しては攻撃し、を繰り返しています。

健常者でも、ガン細胞は1日に5000個もできています。
その1個でも免疫細胞をかいくぐってしまうと、

1個が2個、2個が4個というふうに倍々に増えていき、やがてはがんになってしまうのです。

免疫力は体温が1度下がれば、30%低下します。

単純計算で、1日に1500個のがん細胞が、免疫の網から
見逃されて増殖していく可能性があるのです。

まずは自分の平熱を調べ、体温を上げる工夫で、血行をよくして、免疫力を向上させてくださいね。

身体を芯から温める
玉川岩盤浴スーパーマットとは
http://ganbanyoku.ohuda.com
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー