ホウ酸がなぜ防腐防蟻(シロアリ)に効くのか? - 日刊実話_側溝どぶ・排水管つまり埼玉県!







ニオイ対策ボディーソープ アジカ

開運の護符・霊符販売【開運】商品の決定版:手書き護符

ホウ酸がなぜ防腐防蟻(シロアリ)に効くのか?

シロアリに限らず、腎臓の無い昆虫類は全てホウ素を体内で、
処理出来ずに代謝がストップ(シロアリは脱皮が出来なくなり
死滅します。

※そもそもシロアリは、アリでなくゴキブリの仲間です。

キクイムシやノミも昆虫類です。ダニシラズという商品の主成分も
ホウ酸のようです。

シックハウス症候群やアトピー症でお困りの方には最適と言えます。

また、腐朽菌にも効果がありますので北欧など、白蟻のいない場所でも
世界的に木材にホウ酸処理が使用されています。

防腐だけでなく防カビ効果もあり、ドイツの自然派塗料メーカーの、
AURO社の防カビ剤の主成分はホウ酸塩です。

これまで、なぜ日本で使われていなかったのか?

日本の防腐防蟻の今までは、新築予防を目的とせず、駆除が主体と
言えるかもしれません。

実際、今も防腐防蟻剤として農薬由来のものが使われますが、
これは国際的には極めて異例なことなのです。

アメリカやオーストラリアなどの、シロアリ被害に苦しむ国々の多くが、
既にホウ酸に全面的に切り替えています。

ハワイでは、新築時に全構造体への防蟻処理が法制化されていて、
事実上現在ホウ酸処理のみですが、その後シロアリの被害が無いとの事です。

日本では2012年3月に、ホウ酸が初めて”長期優良住宅”に対応可能との
認定を受けました。(いろいろあったみたいですが・・・)

現在も、ネオニコチノイド農薬の基準緩和の話が出ているようですが、
EUや他の諸外国が使用禁止に動いているのに、

日本だけが薬剤メーカー寄りなのは、国民の健康と安全を
守るべきなのに、腑に落ちませんよね。

今後、シロアリ消毒が不要で安全な生活をお考えなら
お気軽に電話くださいね!



(有)うしお管理サービス(埼玉県限定)
埼玉県上尾市浅間台4-11-6
080-3010-9752 048-772-8818 担当石塚
シロアリ対策埼玉県へ



ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー

この記事へのトラックバック







×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。