シロアリ対策上で気を付けることは! - 日刊実話_側溝どぶ・排水管つまり埼玉県!







ニオイ対策ボディーソープ アジカ

開運の護符・霊符販売【開運】商品の決定版:手書き護符

シロアリ対策上で気を付けることは!



1.迷信を信じないことです

ヒノキにはほとんど防蟻効果はありません。壁内部の通気も同様です。基礎パッキンも万全ではありません。

中には「木炭のマイナスイオンで寄せ付けない」というような話までありますが、科学的根拠はありません。

2.点検をすることです

シロアリは住宅のガンといえます。早期発見できれば直る可能性が高くなります。

3.床下を暖めないことです

シロアリは寒いと活動が下がり、冬場の土の中では暖かいところを求めます。

暖かい床下にシロアリが入り込むと、季節に関係なく一年中活発に活動し続けることになります。

基礎を暖める工法はそもそも北海道などのシロアリが少なく活性も低い地域で行われていたものです。

4.床下や庭に木材などを置かないことです

床下や庭に木材を置くとシロアリを呼びます。

特に紙は、木材からシロアリの栄養分である※セルロースを抽出して作られているので大好物。

段ボールも注意しましょうね!


※セルロースとは

不溶性食物繊維の一つで、ブドウ糖が鎖状に結合してできた地球上で一番多く存在する炭水化物です。

セルロースは、木や雑草などほとんど全ての植物に含まれていて、植物の細胞を覆う細胞壁や繊維質を構成し、植物を作る上で重要な成分となります。

なので普段食べる野菜などにも必ず含まれています。

セルロースの用途は様々で主に食品添加物・化粧品・紙、パルプ・衣料繊維・バイオ燃料・サプリメントの補助剤などに使われています。

ナノファイバーやバイオ燃料の原料として優れた機能が期待され注目を集めていますが、食品添加物としては、

プロセスチーズの中でも粉チーズや細切りのとろけるチーズによく使われています。

これはチーズ同士をくっつかなくしたり、加工時に粘り気を与え、成形しやすくするための増粘安定剤として使われています。

他にもゼリーや加工食品の形が崩れないため、またサプリメントなど錠剤の成形用、口紅やマニキュアなどにも使われています。



シロアリ対策埼玉県へ
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー

この記事へのトラックバック