浅田真央ちゃん名言集 - 日刊実話_側溝どぶ・排水管つまり埼玉県!




浅田真央ちゃん名言集





浅田真央ちゃん名言集

・『いつも通り』というのが今、大切にしている言葉です

・ショートプログラムが5位で悔しかった。1位になるためにはノーミスしかないと思った。2位は悔しいけど、今はうれしい

・努力しないで天才になれたらいいな

・喜んでもらいたい人が見つかると、人は強くなれる

・起きてスケート、食べてスケート、寝てスケート...、今まではだいたいそういう生活でした

・優勝もだけど、一番嬉しいのは滑り終えた瞬間。完璧に滑ることができた時の喜びは、ものすごく大きい

・悔しいから頑張れた。悔しい気持ちをバネにする

・大丈夫、きっと明日はできる

・自分も痛くないと思えば痛くない。心を強く持つために言わない

・自分の弱いところを出すと、自分の気持ちも弱くなると思いますし、自分の気持ちを強く持たないといけないと思うから言わないようにしている

・ひとつのことに打ち込んだ努力は報われると感じています

・昨日の自分は、決して今日の自分を裏切らない

・技術って尽きないって分かったんです。毎日でも新しいことを吸収して、何歳になっても向上を目指したいんです

・その時々で目標に向かってひたすら頑張ろうという思いで、焦らずに毎日自分がやれることをやって壁を乗り越えてきました

・毎日少しずつでもいいから進んでいきたい

・悔しさを忘れないように銀メダルは見える所に置いておきます

・『成果や失敗を忘れない』ということも(昨季の教訓として)肝に銘じています

・間違えたり、失敗することは『成功への道』でもあるんですけれど、 何度も同じ過ちを繰り返してはいけません

・発言するって、とても大事だと思う。それで自分の頭に、やるべきことをインプットできる

・(引退意思の表明)今年に入って徐々に思い始め、気持ちにふっと来たときがあった

・集中しているときは周りのことは気にならなくなるんですが、お客さんの声はすごく聞こえますね。滑っていて自分のパワーに変わります

・トリプルアクセルは、真央のいちばんの武器だから。もっともっと練習して、完璧なものにしたい

・オリンピックは、トリノだけではないから、だいじょうぶ。真央は次のバンクーバーに出たい。それが、人生でいちばん大きな夢

・やっぱり、もっともっと上のレベルを目指して練習するのは楽しいですから。また、それを試合で決められたら、もっとサイコーなので。できるな、という自信はあります

・(GP開幕戦の)スケート・アメリカより、一段でも二段でも、階段を登っているなという実感があるので、着実に自分の(目標とする)レベルに近づいているなと感じています

・バンクーバーが終わってから、もう一度、修正を繰り返して、イチから直してきました。悩むほうが多かったと思いますけど、ようやく、この3年間の積み重ねが生きているんじゃないかと思っています

・スケートは好きです。試合に向かって練習がハードになると、休みたい気持ちは薄れていきます

・これまでの3年間、私は痛みや不安をたくさん経験してきました。でも、私が今いる場所まで来れたのは、その痛みのおかげだったんです

・もしもあのつらい日々を経験していなかったら、私はここまで来れなかった、今現在の自分の状態にはなれなかったと思います

・すべては感覚や意識の問題だったんです。とにかく自分の身につくまで毎日練習すること、それしかなかったんです

・踊ることの楽しさを思い出すようにしています。曲の中でダンスをしているイメージ。そうするとあまり疲れません

・五輪にはキム・ヨナ選手など、大勢の方がカムバックしてくると思う。皆さん、一緒に頑張りましょう、という感じです

・五輪シーズンは、自分が目標としてきたことはほとんど達成できた。頑張ればちゃんと結果はついてくるんだと思えた。もちろん、けっして満足はしていない。満足してしまったら、そこで終わりになるから

・やるしかない、練習するしかないんです。“浅田真央” から逃げることはできないので

・これまでの3年間、私は痛みや不安をたくさん経験してきました。でも、私が今いる場所まで来れたのは、その痛みのおかげだったんです

・すべては感覚や意識の問題だったんです。とにかく自分の身につくまで毎日練習すること、それしかなかったんです

・昔は他の選手や周りのことも気になってたけど、ほとんど意識しなくなった。自分の演技をしっかりやろうという思いが強い

・いい演技をしているときは、自分もわくわくした気持ちでできている

・選手一人ひとり、個性は違います。自分は「きれいなスケーター」になりたいです

・わたしは日本人なので、地震や津波はわたし達の宿命だとわかっています。それと共に生き、他に選択はありません。でもあの光景は忘れることができません

・競技なので強い気持ちや、勝ち負けを意識することもあると思います。そうした気持ちを持ちつつ、自分が楽しんでどこまでできるのか? それを突き詰めていくのが、今年の真央の挑戦かもしれません

・いろいろ考えすぎても絶対駄目だと思う。いい演技をしたときは考えすぎていない

・メダルよりもトリプルアクセルを優先したい

・小さい頃から自分の目標を紙に書いて部屋に貼っているんですけど、オリンピックのことも、もちろん書いています。「金メダルを取る!」って。それはもうずっと前から書いてある、同じ言葉なんです

・きのうから悩んで重圧を感じていたが、バンクーバー五輪から4年間、一から見直してきたものを出すことができた。今まで支えてくれた人に最高の演技をして恩返しをすることができた。〜中略〜 最終的にはやるしかないと自分を信じて、自信を持ってとにかく跳ぶという気持ちで臨んだ

・誰かに勝ちたいという気持ちはなかった。フィギュアスケートは、リンクに出たら自分一人。だから自分との闘いなんです

・運命ってだいたい決まっているんじゃないですかね。自分が努力すれば、その先はもう決まっているんじゃないですか。そんな気がします

・うん、やっぱり喜びも、その自分も選手としてやってる上で、やっぱり、自分の最高のレベルでまたそういう喜びを得たいと思ってやってるのもひとつあるから。今、アクセルを入れなかったプログラムでやったとしても多分喜びは全然ないと思うし自分の目標があるからやっぱりやってるし、それを達成したいからやってるというのもひとつあるかなって

・出来てたことは絶対出来ると思うし、自分もそれをやりたいと思ってるから、今、練習、これからして、間に合わせたいなと思ってる

・(オリンピックの目標について)今から練習してアクセル3回を入れれる構成ができていれば、もちろんソチオリンピックでもアクセル3回の構成でやりたいなと思ってるから、それを試合に入れて、終わったあとに「やった!」って思えるような試合にすることが今の一番の目標

・多分スケートが無くなったらわかんないと思う。今までスケートがメインでの生活だったじゃん。だから終わったら想像がつかない。なにをしてるのかっていう。その時になれば多分ショーに出て、そのための練習とかもあると思うけど

・今の自分の考えてることは、自分の目指してる演技をすることがいま考えてることで、他の人は他の人で、やっぱり本番になったら自分しかいないし、自分の目標としていることをやるのが、やっぱり、それをやることが自分の目標だから、あまり他の人のことは考えていないです

・自分の失敗したことについてムカついたし、凄く悔しかったんだけど、でも表彰式でたくさんの日の丸を見たりとか、「おめでとう」という声援が聞こえたりとか、あと、映像でたくさんの人がテレビの前で応援してくださったのを見たりとかして。で、メダルを日本に持って帰ることができて凄く嬉しかった

・多分、自分の前の演技のレベルを自分で知っちゃってるから、それ以下の演技をしても多分喜べないんだと思う、自分で

・集中しているときは周りのことは気にならなくなるんですが、お客さんの声はすごく聞こえますね。滑っていて自分のパワーに変わります




ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー

この記事へのトラックバック