AGA「男性型脱毛症」とは - 日刊実話_側溝どぶ・排水管つまり埼玉県!







ニオイ対策ボディーソープ アジカ

開運の護符・霊符販売【開運】商品の決定版:手書き護符

AGA「男性型脱毛症」とは

AGA「男性型脱毛症」のことで、「壮年性脱毛症」とも言われ、
思春期以降に始まって徐々に進行する成人男性の自然な生理現象で、


額の生え際や頭頂部の髪の毛が短く、細くなり、髪が薄くなって
いきます。


早い人では20歳頃から発症し、日本人男性の発症率は約3割とも
報告されています


「症状」は

細い髪の毛が増え、髪にハリ、コシがなくなる、地肌が透けて
見える。そんな症状があったらAGAを疑う必要があります。


AGAは進行性で、額の生え際と頭頂部の髪の毛が軟毛化して
細く短くなり、進行すると額の生え際が後退して頭頂部の髪の毛が
なくなってしまいます。


脱毛パターンはいろいろで、額の生え際の脱毛を“M”、頭頂部の
脱毛を“O”にたとえることもあります。


AGAの進行には人種の差があることから、現在日本では、日本人の
脱毛パターンに合わせて修正された分類(高島分類)が
使用されています


「原因」は

AGAの脱毛発症には、DHT(ジヒドロテストステロン)という
男性ホルモンが関係していることがわかっています。また、
遺伝的要因の影響もあると言われています。


※DHT(ジヒドロテストステロン)

主に精巣で作られ、血液中を循環する男性ホルモンの
テストステロンが、5α還元酵素によって変化したものです。


毛髪の成長期間を短くし、充分に成長しない毛(軟毛)を増やす
原因物質と考えられています。


※毛髪サイクルの乱れ

髪の毛は一定周期で成長し、自然に抜け、同じ毛根からまた
新しい毛が生えてきます。


この繰り返しをヘアサイクルと言い、「成長期」「退行期」
「休止期」という3期間に分けられます。


AGAの人は、DHTの影響で通常2〜6年という成長期が
数ヵ月〜1年位と短くなって、髪の毛が充分に成長する前に
抜けてしまったり、抜ける本数自体が増えてしまうことで、
髪全体のボリュームがなくなり地肌が透けて見えるようになります。


「治療法」

病院では、AGAの進行具合をみて、飲み薬や外用薬などの治療が
行われています。


「その他のケア」

正しいヘアケアや規則正しい生活は、髪の健康と成長をサポートします。


●ヘアケア

ヘアケアの基本は、髪と頭皮を常に清潔に保ち、保湿・保護・
活性化を促すことです。


ヘアケアの具体的な方法には、シャンプー、リンス、
ブラッシング、頭皮マッサージなどがありますが、美しい髪を
保つためには、正しい生活習慣を身につけることがとても重要です。


●食事

かたよりのない、バランスの良い食事が勧められています。
髪の毛の主成分であるタンパク質はもちろん、糖質と脂質の
三大栄養素、


そしてタンパク質の合成を促進するビタミンやミネラルなどを
バランスよく摂ることが大切です。


●睡眠

睡眠不足は自律神経を乱して血行を悪くするため、髪の成長を
妨げます。


十分な睡眠をとることと、運動を心がけることや規則正しい
生活が大切です。


●喫煙・飲酒

タバコは血行を悪くして髪の成長を妨げますので、できれば
禁煙することが望ましいです。


お酒はほろ酔い程度なら血行を良くする効果がありますが、
飲みすぎは栄養バランスが乱れるとともに、アルコールの


分解にビタミンやミネラルが消費されてしまいますので、
ヘアケアには逆効果です。



ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー

この記事へのトラックバック