[実録]女のSEX告白 叱られたショックを慰めてくれた内科医師に受けた強烈愛撫 - 日刊実話_側溝どぶ・排水管つまり埼玉県!







ニオイ対策ボディーソープ アジカ

開運の護符・霊符販売【開運】商品の決定版:手書き護符

[実録]女のSEX告白 叱られたショックを慰めてくれた内科医師に受けた強烈愛撫


(真由美さん=仮名・23歳)

夜勤の最中、些細なミスを指摘され、外科医から怒鳴られたショックは相当なものでした。

医師って本当に嫌い! 子どもの頃から勉強ばかりしてきたせいか、社会常識がない人ばかりなんだもん。

この日は叱責されたことを思い出すたび、すごく悲しくなって、病棟の巡回をしながら、大粒の涙がこぼれ落ちます。

このとき、内科医の村野さん(仮名=35)が「どうしたの?」と声をかけてきたんです。

「とりあえず仮眠室で話を聞くから。大丈夫?」

彼だけは他の医師とはまったく違って、優しいんです。

それもそのはず、村野さんは最初、一般企業に勤めていたんです。

恋人の死がきっかけに猛勉強して医大に入り直し、30歳で医師になったとか。

心の痛みを知っているから、看護師や患者からも絶大な人気がありました。

「本当に大変だったね。だいたい、外科医は自信家が多いから困るよ」
お互い悪口話で盛り上がり、私もだんだん泣き顔から笑顔になりました。
 
「君は笑顔が一番似合う」

こう言いながら、ベッドで抱き締めてくれたんです。

私は「先生、いけません」と言いながらも、熱いキスを受け入れました。

村野さんはキスにすごく時間をかけてくれるので、もう頭が真っ白になり、下半身がトロトロになるほどの心地よさです。

愛撫も繊細で、胸とクリトリスに遠い部分から責めてくるけど、核心に触れそうな期待をさせて、また遠ざかるんです。

パンティーを通り越して、白衣のお尻が濡れてしまうほど潤ったとき、「一つになろうか?」と聞いてきました。私は無言で頷き、一緒に白衣を脱ぎます。

やがて、クチャッと音を立てながら彼のおち○ぽが挿入されました。

しばらくは動かずにじっと抱き締めてくれます。

おち○ぽの脈動が体内に伝わるだけで、「ああっ、気持ちいい」と甘い声を出し、体全体がピクンと跳ねました。

それから、村野さんはゆっくりと腰を動かし、同時に乳首をギュッと指でつまむんです。

こんなことされたのは初めてだったから、すごく新鮮で、「あっ」と思わず声が出ちゃった。

と同時に、バンジージャンプの急降下と似た感覚のまま、彼にしがみついてイキました。
(書き手・奈倉清孝)


「週刊実話」より引用



アトミックスサプリとは




るるぶ


























脱毛器


ボニック














ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー

この記事へのトラックバック







×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。