"ハゲ"が前立腺がんの死亡リスクを高める? 男性ホルモンが影響している可能性 - 日刊実話_側溝どぶ・排水管つまり埼玉県!







ニオイ対策ボディーソープ アジカ

開運の護符・霊符販売【開運】商品の決定版:手書き護符

"ハゲ"が前立腺がんの死亡リスクを高める? 男性ホルモンが影響している可能性


日本では何かと否定的に捉えられ
がちだが、欧米ではセクシーとみ
なされることもあるという
"ハゲ"。


その主な原因は男性型脱毛症だ。近年では、この男性型脱毛症と
前立腺癌リスクの関連性に関する研究が行われている。


2015年4月、男性型脱毛症と前立腺がんの死亡リスク増加の関連
性を示した研究結果が、フィラデルフィアで開催された米国癌研


究会議(American Association for Cancer Research)
で発表された。


この分析は、皮膚科医の判定により"脱毛なし""軽度""中等度""
重度"に分類された25歳〜74歳の4000人超の米国人男性を対象に


行われた。調査対象期間の21年間で、脱毛症の男性はその重症度
に関係なく、脱毛症ではない男性に比べて前立腺がんの死亡率が


56%高かった。さらに"中等度"の男性では、"脱毛なし"に比べて
同死亡率が83%高かった。


研究者によると、この結果は"共通する生物学的プロセスが、男性
型脱毛症と前立腺がんの両方に影響を与えている"という仮説を支


持するものだという。一説では、高レベルのテストステロンなど
の男性ホルモンが両疾患に関与しているということだ。すでに、


男性型脱毛症の人は男性ホルモン値が高いということが判明して
おり、これらのホルモンは前立腺がんの細胞の増殖も促している。


しかし、研究著者である米国立癌研究所(National Cancer
Institute)博士研究員のシンディ・ツォウ氏は、次のように話


す。「この研究結果から、前立腺がんに対する男性スクリーニン
グに関して何らかの提言を行うのは時期尚早。ここで得られた結
果を再現するために、今後もさらに研究が必要になるだろう」


特定の脱毛パターンが前立腺癌に
関与したという報告も


仮にこの研究結果が裏付けられた場合、前立腺がんの発症リスク
のひとつの指標として、男性型脱毛症が活用されるようになるか


もしれない。また、前立腺がんスクリーニングを受けるべき対象
者を決定する際にも役立つだろう。


ツォウ氏は「まずは、男性の脱毛症を危険因子として加えたこと
で、前立腺がんリスクの予測精度が現状よりも実際に高まること
を示す必要がある」と指摘する。


過去にも、男性型脱毛症と前立腺がんの関連性に関する研究がい
くつか行われている。2014年9月には、Journal of Clinica


l Oncology 誌で、45歳時に前頭部と頭頂部に中等度の脱毛が
あった男性では、同年齢時に脱毛がなかった男性に比べ、その後


の悪性前立腺がんの発症リスクが40%高かったと報告された。他
の脱毛パターンと前立腺がんリスクに有意な関連性は見られなか
った。


また、2011年にはAnnals of Oncology 誌において、20代で
脱毛が始まる男性は、そうでない男性よりも前立腺がんのリスク


が高いという研究報告があったが、今回の研究では、年齢に関わ
らず脱毛症と致死性の前立腺がんとの間に関連性があることが分
かった。


なお、この研究では重度の脱毛症と致死性の前立腺がんリスク増
加との関連性は示されていない。これは重度脱毛症の対象者数が
わずかだったため、研究で関連性を見出すことができなかったか
らだという。(参考:FOX NEWS) (文=編集部)


「ヘルスプレス」より引用



アトミックスサプリとは















脱毛器












ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー

この記事へのトラックバック







×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。