全国4位の日照時間を誇る群馬県が、補助金で太陽光発電を推進!」について情報をお届けしています。日刊実話では、今話題のキーワードと表に出てこない情報そしてこれは良いと思う物等をご紹介していますので、暇つぶしにお寄り下さいね♪" />

全国4位の日照時間を誇る群馬県が、補助金で太陽光発電を推進! - 日刊実話_高圧洗浄埼玉県!





全国4位の日照時間を誇る群馬県が、補助金で太陽光発電を推進!

群馬県下の地方自治体が
太陽光発電システムの配備を加速している。

太田市は出力が1000キロワットを超える
「メガソーラー(大規模太陽光発電施設)」を
とり入れる方向で検討に入った。

前橋市や伊勢崎市も今年度中に、
新たに太陽光パネルを市有施設などに配備する。

政府の助成金制度が充実するなか、
全国でも5本の指に入いる日射時間を生かして
省エネ化を推進する狙いだそうです。


太田市は市内に「メガソーラー」を建設し、
市役所に電力エネルギーをサプライ(供給)する構想。
市の概算では市役所の使用電力を捻出するには2000キロワットの
発電施設が必要不可欠となる。

用地は4ヘクタール(40,000u)「400m×400m」
になる予想で、配置場所は市有地を中心に検討していると。

1年間で5000万円(月417万円)「日/14万円」の
電気代と1000トンの二酸化炭素(CO2)の
排出量をカットダウン(削減)できるという。


発電パネルの購入・設置費用は数億円がかかる見当で、
政府の補助金も申請する方針。

具体的な設置場所やパネルの数について
年度内に計画をまとめ、来年度の工事着手を目指す。

前橋市も11年3月までに市内の敷島浄水場に
出力10キロワット程度の太陽光パネルを設置する予定。





ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/165077769

この記事へのトラックバック