東芝、EVの航続距離を伸ばす高容量二次電池を開発」について情報をお届けしています。日刊実話では、今話題のキーワードと表に出てこない情報そして役立つかな〜っと思う物をご紹介していますので、暇つぶしにどうぞ♪" />

東芝、EVの航続距離を伸ばす高容量二次電池を開発 - 日刊実話_側溝どぶ・排水管つまり埼玉県!



東芝、EVの航続距離を伸ばす高容量二次電池を開発

東芝は、電気自動車(EV)向けや太陽光発電などの

蓄電システム(定置用)向けにセルの容量を60Ahに高めた

二次電池「SCiB」を開発した。今年度中に供給する予定。

東芝電池.JPG

今回開発したセルは、新材料の採用と充填技術の開発により、

急速充電性能、長寿命、低温特性など、

二次電池としてのSCiBの特性は維持しながら、

体積エネルギー密度を従来比約1.3倍の

約230〜270Wh/Lに高めることで、高容量化を実現した。


セルの高容量化で、

太陽光発電所やスマートグリッドなどで利用される

大規模蓄電システムへの適用、EVの航続距離の延長に貢献する。


今回開発した高容量セルは、

自動車向けに供給するのに加え、

東芝グループの社会インフラ事業である電力貯蔵、

太陽光発電、交通、産業分野などにシナジー効果を

生かして展開していく方針だ。

2010年9月29日(水) 18時28分
response.jp 《編集部》より引用。


大地震


ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー

この記事へのトラックバック