太陽光発電比較 結晶系か薄膜系か化合物系か 太陽電池の選択法」について情報をお届けしています。日刊実話では、今話題のキーワードと表に出てこない情報そしてこれは良いと思う物等をご紹介していますので、暇つぶしにお寄り下さいね♪" />

太陽光発電比較 結晶系か薄膜系か化合物系か 太陽電池の選択法 - 日刊実話_高圧洗浄埼玉県!

太陽光発電比較 結晶系か薄膜系か化合物系か 太陽電池の選択法

太陽電池は大きくシリコン系と化合物系の2種類があり、

シリコン系はさらに結晶系と薄膜系に分かれる。


結晶系の中にもいろいろなタイプがあるといった具合だ。

多種多様な太陽電池の特徴を理解して、

目的や設置場所に適したものを選択するようにしたい。


太陽電池は原料や構造などの違いで複数の種類があるが、

1種類だけを手掛けるメーカーも多い。

導入を検討する際は、各種類の特徴を理解しておきたい。


現在、国内で販売している主な産業用太陽電池の種類を

まとめたのが下の表だ。

太陽光パネル種類.JPG
太陽光パネル種類1.JPG

大きくシリコン系と化合物系の2種類があり、

シリコン系はさらに結晶系と薄膜系に分かれる。

結晶系は単結晶シリコン型、多結晶シリコン型のほか、

単結晶シリコンとアモルファス(非結晶)

シリコンを組み合わせた三洋電機独自の HIT型に区別できる。


現在の主流は多結晶シリコン型太陽電池で、

取り扱いメーカーの数も多い。

シャープ、京セラ、三洋電機、三菱電機、サンテックパワージャパンなどだ。


ただし今後は、

変換効率が高い単結晶シリコン型やHIT型、

大幅な低価格化が期待される薄膜系や化合物系との

競争が激しくなりそうだ。


まず見るべき項目は、

太陽光を電気に変える「変換効率」だろう。

数値が高いほど小さなスペースで多く発電できるが、

一般に価格が高い。


1年を通じてどれぐらい発電するかに

かかわってくるのが「温度特性」である。


太陽電池は温度が上がると出力が低下する。

一般に薄膜系の方が結晶系より温度特性が優れており、

真夏の暑い日や曇りの日でも発電効率が

落ちにくいとされている。


花澤裕二、相馬隆宏(日経エコロジー)より引用。


ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント
 太陽電池工場で太陽電池のみで稼働している工場は一つもないという現実を無視しているのではないでしょうか?
 原料の採掘、運搬から製品になるまでのすべてのエネルギーを考えずに太陽電池製造にかかるエネルギーのみを評価しているのではないでしょうか?
 現状の太陽電池で商用電力に対抗できるものはないと思います。 離島等の特殊な場合を除いてはまだまだ研究開発にとどめておかないとかえって無駄にエネルギーを費やすだけでしょう。
Posted by at 2010年09月24日 12:31
指は絶対読まない 帯とか作者の許可いらないのかね
Posted by 篠田麻里子 キャバ at 2013年07月07日 16:33

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/163535959

この記事へのトラックバック