<温泉発電>環境省が概算要求8億円」について情報をお届けしています。日刊実話では、今話題のキーワードと表に出てこない情報そしてこれは良いと思う物等をご紹介していますので、暇つぶしにお寄り下さいね♪" />

<温泉発電>環境省が概算要求8億円 - 日刊実話_高圧洗浄埼玉県!

<温泉発電>環境省が概算要求8億円


環境省は25日、温泉熱を利用した「温泉発電」の普及を目指し、

来年度予算の概算要求に8億円を盛り込んだ。

国内の温泉の半数が入浴に適する温度より高いため、

冷まして利用している。

日ごろ捨てている湯の熱を利用するとともに、

冷ます手間を省くことができる。


温泉発電は地熱発電の一種。

70〜120度の湯の熱で沸点の低いアンモニアなどを気化させ、

タービンを回して発電する。

その間、湯は適温に冷やされる仕組みだ。

温泉発電が可能な温泉は全国で約1600カ所ある。

事業は3年間を予定し、初年度はホテルや旅館など20件を募集し、

出力50キロワットの発電施設設置費用の半額を補助する。

【足立旬子】

8月26日 毎日新聞より引用。



岩手県八幡平市の東北水力地熱発電株式会社「松川地熱発電所」。
水蒸気を出しているのは冷却塔(高さ46メートル、直径45メートル)で、
外気温によっては地上約200メートルまで達するという。
同所は1966年10月に稼動を開始した日本初の実用地熱発電所だ。
現在、八幡平市周辺の約6万世帯に電気を供給している。(写真報道局 川口良介)




太陽光発電システムを検討されていらっしゃるなら、

沢山の業者さんから見積もりを取りましょう!!







ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/160701334

この記事へのトラックバック