太陽光発電の売電金額の税金って?」について情報をお届けしています。日刊実話では、今話題のキーワードと表に出てこない情報そして役立つかな〜っと思う物をご紹介していますので、暇つぶしにどうぞ♪" />


太陽光発電の売電金額の税金って? - 日刊実話_側溝どぶ・排水管つまり埼玉県!






太陽光発電の売電金額の税金って?


太陽光発電システムで売れた電気(売電金額)には

税金はかかるの?

という質問がありまして、

いろいろ調べました結果、実際ありました。

太陽光発電の売電金額が、年間20万円以上あった場合です。


それは雑所得(ざつしょとく)という事になりまして、

給料をいただいている、一般的なサラリーマンの場合には

確定申告義務が発生します。ちょっと面倒””


ただ、太陽光発電で年間20万円の売電金額といいますと、

約5kWシステム(南向き一面・傾斜30度)が設置可能で、

昼間、ほとんど自宅にいない共稼ぎの家庭、

そして夏休みにクーラーを使わないという生活なら、

雑所得として税金を支払う事になる可能性が高いでしょう。

あくまでも、この太陽光発電の売電金額とは、

昼間、発電している時間帯のその太陽光発電を設置している

お家の使用電気をすべてまかなった上で、

余った(余剰電力)を売電する事なので、


ごく一部の豪邸以外の一般住宅には、

この税金(雑所得)の心配までは要らないと思います。

 パイオニアのステレオのコマーシャル<高中正義>どうぞ!!




太陽光発電の購入を真剣に考えていらっしゃるなら、

沢山の業者さんから見積もりを取りましょう!!








ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー

この記事へのトラックバック